VCOマイルドソープ

皮脂汚れは字のとおり脂の汚れです。脂は水と混ざらないので脂と水が混ざるように界面活性剤を使うか、同じ脂で落とすかのどちらかになります。(実際は両方をうまく使うことが多いです)

VCOマイルドソープは脂つまりオイルの中でも皮脂に近いオイルであるヴァージンココナッツオイルを石鹸の素材に採用しています。

また、ヴァージンココナッツオイルは母乳と似た成分であるラウリン酸という脂肪酸を多く含んでいるので、肌を優しく守りながら皮脂汚れを落とすことができます。

石油系の界面活性剤や防腐剤、着色料などは無添加であることはもちろんですが、全成分も石鹸素地をベースに数種類しかなくシンプルな石鹸です。

さらに、ヴァージンココナッツオイルなどの保湿成分の割合を多くするために枠練製法という昔ながらの時間と手間がかかる製法を採用しているのもポイントです。

VCOマイルドソープの成分と美肌へのおすすめポイント

保湿成分

ヴァージンココナッツオイルは、保湿効果も期待できますがどちらかというとやさしく洗い上げるための成分です。保湿を目的とした成分はヒアルロン酸が配合されています。

ほかの洗顔石鹸は保湿や美容成分が複数配合されている場合が多いですが、VCOマイルドソープは成分がシンプルなゆえに保湿成分もヒアルロン酸のみとなっています。

優しく洗い上げるために保湿成分もシンプルになっていると思いますが、洗顔後は化粧水などによるケアもセットで考えたほうがいいでしょう。(他の洗顔石鹸でも化粧水は必要と思いますが・・・)

泡の特徴

ヴァージンココナッツオイルに含まれているラウリン酸は、石鹸の泡立ちに対しても有効に働きます。

見た感じは生クリームのようにフワフワしていますが、気泡がしっかりしていてキメが細かく容易には潰れない弾力のある泡を作り出します。

他の石鹸のように毛穴の汚れを落とすためにクレイを使ったりはしていませんが、分子が小さいラウリン酸の効果によって毛穴に入り込める小さな気泡を実現しています。