二十年ほいっぷ

二十年ぽいっぷは、しわやしみを強調する原因となるくすみのケアに注目した洗顔料です。

一口にくすみといってもくすみには、皮脂汚れが原因によるくすみと角質層の新陳代謝(ターンオーバー)が原因によるくすみの2種類があります。

二十年ほいっぷは、このうちまずは皮脂汚れが原因によるくすみをケアすることに注目しています。しかし、皮脂汚れを洗浄力の強い洗顔料で落としてしまうとバリアの役目をしている皮脂まで落としてしまいます。

バリアの役目をしている皮脂まで落としてしまうと、角質が厚くなり結局角質層のくすみが目立ってしまうという相反する問題に直面してしまいます。

そこで二十年ほいっぷは、商品名の一部にもなっている二十年という年数をかけて開発した釜練製法という方法で角質のくすみを生み出さずに皮脂汚れによるくすみを消す洗顔料を実現しています。

このようなコンセプトで開発された二十年ほいっぷが40代からの美肌作りに適した洗顔料であるかについて下記のポイントで評価してみました。

二十年ほいっぷの成分と美肌へのおすすめポイント

保湿成分

二十年ほいっぷには、保湿成分としてホエイという成分が使われています。ホエイは牛乳から脂肪分などを除いた水溶液でチーズを作る過程でも発生する副産物です。

高たんぱく、低脂肪で栄養価も高いのでプロテインの原料としても使われている成分です。保湿成分としても優れていて、肌によくなじみ角質層の水分が蒸発しないように保持する働きがあります。

また、下でもでてきますが小さく弾力のある泡を作ることにも一役買うので二十年ほいっぷの特徴を代表する成分といえます。その他、保湿成分として  なども配合されているので十分な保湿成分です。

泡の特徴

皮脂汚れを肌に残さずにしっかりと洗うためには、泡がしっかりしている必要があります。「しっかり」というのは泡がはじけずに抱き込んだ汚れを離さないという特徴を指しています。

また、泡が小さく表面積が大きくないと毛穴や肌の細かい部分に入り込むことができないのでこのあたりもポイントになります。

二十年ほいっぷの泡は、ホエイの働きで超極小の弾力泡が作り出せるので泡がはじけずに肌に汚れを残すことなく、毛穴の汚れまで洗い流すことができます。