40代の美肌を妨げる肌の変化|洗顔のコツ

40代になっても美肌を保つための洗顔のポイントは、ずばり乾燥とくすみのケアです。

20代をピークに40代から角質(肌の一番表面にある層)の水分量減少が目立ち始めます。これは角質の細胞間を満たしていて、肌の水分蒸発に蓋をする役目がある角質細胞間脂質という脂分が減っていくためです。

肌の水分量が減ると規則正しく並んでいた角質の細胞が乱れて、角質が厚くそして弾力性がなくなってしまいます。このように肌の表面に残った古くなった角質が肌色を暗くし、くすみとなってしまいます。

また、角質は度重なる洗顔の刺激でダメージを受けてしまう事があります。このダメージで角質細胞間脂質も失われてしまうので洗浄力の弱い洗顔料を選んでしまいがちです。

ところが、洗浄力が弱すぎると肌の皮脂汚れをきちんと落としきれなくなるので今度は汚れによるくすみが目立ってきます。

ですから、みずみずしく透明感があり弾力のある美肌をつくるためには古くなった角質と皮脂汚れによるくすみケアそれから乾燥対策ができる洗顔料を選ぶ必要があります。

40代にお勧めできる美肌をつくる洗顔料の選び方

古くなった角質によるくすみは、角質層の乾燥が原因です。ですから、角質層に水分を送り込み保持できる成分が配合された洗顔料を選ぶ必要があります。

また、皮脂汚れによるくすみは皮脂汚れをしっかりと吸着して洗い流した後に肌に残さない事が大切です。さらに洗顔の刺激で角質にダメージを与えてもいけません。

洗顔料が汚れを落とす鍵は泡です。泡が肌との摩擦を軽減して、汚れを吸着し抱き込んで皮脂汚れを落とします。ですから次のような特徴を持った泡を作り出す洗顔料を選びましょう。

  • 肌のキメまで入り込めるほどの小さな泡を作り出せる。
  • 泡に弾力があって簡単に潰れない。(汚れを残さない)
  • 泡立ちがよく泡の量が多い。(少ないと肌との摩擦が大きくなる)
↓

40代の美肌をつくる洗顔料ランキング

  1. 二十年ほいっぷ

    二十年ほいっぷ

    保湿成分
    ホエイなど
    泡の特徴
    超極小弾力泡
    価格:
    2,037円(税込)
    容量:
    120g(1ヶ月分)

    皮脂膜のくすみと角質層のくすみをなくすことをコンセプトに作られた洗顔料。ミルクやチーズを作る過程で生まれるホエイという保湿成分で肌の乾燥を防ぎながら角質の生まれ変わりを促し、非常に小さく弾力のある泡で皮脂膜の汚れをしっかりと吸着して洗い流します。

    二十年ほいっぷの評価

    一般的には潤いを残しながら洗う洗顔料は皮脂膜の汚れをしっかり落とせないという欠点がありますが、二十年ほいっぷは釜練り製法という手間のかかる製法で保湿と洗浄を上手くバランスさせています。また、保湿成分としてホエイだけでなく角質細胞間脂質の50%を占めるセラミドも配合しているので保湿機能の高い洗顔料です。

    公式ページへ


  2. どろあわわ

    どろあわわ

    保湿成分
    豆乳発酵液など
    泡の特徴
    海底で採取された泥を含んだ泡
    価格:
    3,218円(税込)
    容量:
    110g(30回分)

    豆乳を発酵させたエキスを保湿成分として配合しています。発酵により分子が細かく分解されているので角質まで浸透します。また、海底で採取されたシルト(粒子の細かい泥)の持つイオンパワーが泡とともに肌の汚れを吸着して洗い流します。

    どろあわわの評価

    豆乳には大豆イソフラボンが含まれていて保湿以外にも女性らいしい肌をサポートする働きもあります。泡については、濃密で弾力のある泡を作り出す事ができますが、小さな泡で汚れを落とすというよりシルトの吸着パワーによるところが大きいです。ただし、泥が肌に合わない人も稀にいるのでお試しが欲しいところです。

    公式ページへ


  3. VCOマイルドソープ

    VCOマイルドソープ

    保湿成分
    ヒアルロン酸
    泡の特徴
    ココナッツオイル由来の濃密泡
    価格:
    3,074円(税込)
    容量:
    85g(1ヶ月分)

    ヴァージンココナッツオイル(VCO)と石鹸素地に保湿成分であるヒアルロン酸を配合したシンプルな成分の石鹸。VCOにはラウリン酸という脂肪酸が含まれていて濃密な泡を作り出す事ができます。皮脂に近いVCOが汚れをやさしく洗い流します。

    VCOマイルドソープの評価

    成分がシンプルな反面、保湿成分がヒアルロン酸のみでVCOマイルドソープならではの保湿の工夫がないのがやや寂しいところです。しかし、枠練り製法という手間のかかる製法で保湿成分の純度が高く、保存料や香料・着色料も無添加なので安心して使用できる石鹸です。

    公式ページへ


  1. タナカミネラルソープ

    タナカミネラルソープ

    保湿成分として海塩から抽出した天然ミネラルを配合した石鹸です。天然ミネラルには保湿以外にも引き締め効果があるため、洗い上がり後の毛穴の開き対策にも効果が期待できます。

    また、天然ミネラルは石鹸の作り出す泡をきめが細かく粘りけがある弾力のある泡にする働きも有り、皮脂汚れの吸着や汚れを肌に残さない洗い上がりにも一役買っている成分です。

  2. 然よかせっけん

    然よかせっけん

    ウーロン茶エキスや緑茶エキス、黒砂糖エキスの3種類を保湿成分として配合した石鹸です。また、濃密泡を作り出すために粉末状にしたシラスを配合したクレイ系の石鹸です。

    抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムという成分も配合されているので、ニキビや肌荒れなどの肌の炎症が原因のトラブルを防ぐことができます。

ターンオーバーと肌のくすみについて

お肌の表面は表皮と呼ばれる層があって、表皮はさらに表面から「角質層」、「顆粒層」、「有棘層」、「基底層」の4層から成り立っています。

一番下の層である基底層では、細胞分裂が盛んに行われていて古くなった細胞を押し上げて、角質層まで押し上げられた細胞はやがて剥がれていきます。この一連の肌細胞の新陳代謝サイクルをターンオーバーといいます。

洗浄力が弱すぎる洗顔料は、皮脂汚れをしっかりと落とすことができないのでターンオーバーも乱れてしまいがちです。

ターンオーバーが乱れると古くごわごわになった細胞が角質層に留まってしまうので、肌の色を暗くしてしまいくすみの原因となります。

また、乾燥も細胞がスムーズに剥がれていくサイクルを乱し角質層に留まる原因となるので、ターンオーバーが乱れてしまいます。

以上のことから、40代の美肌作りには乾燥とくすみのケアができる洗顔料を選ぶことが大切なのです。

40代の美肌をつくる洗顔料のおすすめはコレ

二十年ほいっぷ

二十年ほいっぷはくすみと乾燥のケアができて美肌を作る洗顔料

肌の表面にある角質層は、基底層という肌の深いところでできた細胞が押し上げられて最終的に表面に現れた層でアカとなって剥がれ落ちていきます。

この肌細胞の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバ周期が正常な状態にある時に美肌を保つ事ができます。

年齢とともに新陳代謝は衰えていきますが、ターンオーバーを正常に保つ事ができれば40代ならまだまだ美肌を保つ事が可能です。

洗顔はターンオーバーを正常に保つための最も基本となる事なので洗顔料選びは慎重に行わなければなりません。

二十年ほいっぷは、角質を保湿しながら皮脂汚れを超極小濃密泡で洗い流すので乾燥でゴワゴワした角質が厚く層状になりくすみになることを防いでくれます。

ですから二十年ほいっぷは40代からの美肌を作る洗顔料として最もオススメできます。

ページの先頭へ